リモスタ経営

今、40代の方であれば、殆どの方がお金もしくは仕事という言葉が頭をよぎったのではないでしょうか?まずは、下記の弊社で実施した全国の2,000人以上の男女を対象とした働き方に関するアンケートをご覧くださいませ。年齢層は下は30代前半、上は60歳、平均年齢は40代後半です。

でも現実は・・・

はじめまして。小規模法人さまを中心にリモスタ経営コンサルティングをご提案している株式会社GSトレーディング代表取締役社長の佐々木優子と申します。昨今ではインターネットの発展により、ごくごく普通の会社員さまや主婦の皆さま方においても「起業」への敷居が低くなるとともに、起業に関するWEB関連、コンサルティング関連業務のニーズも爆発的に増えて参りました。

また、少子高齢化により、我々ベビーブーム世代である40代の行先きもますます不透明感が漂っている事も起業へのニーズの高まりに拍車がかかっているように感じます。「年金はあてにできない」「なんとか現状から脱したい!」と思いつつも、なすべき術がわからず、日々の家事に育児、会社から課せられる責任にがんじがらめになり、時間・空間・人・モノ・お金と、見えない何かに拘束されながら将来の不安を抱えたまま納得のいかない毎日をお過ごしの方が多いのではないでしょうか?私自身が30代後半でそのような毎日を過ごしておりましたし、かといってこの年齢で博打のような事をしてよいものか悩んでおりましたのでサラリーマンのお気持ちは痛いほどわかります。

実際に独立はしたものの、知識、精神面、マネジメント能力共に、起業家としてやっていけるレベルに達していない方を多くお見受けします。また、経営者だけではなく人生に不安や悩みはつきものです。ここで重要なのが、ただ考えているだけ(延々と悩んでいるだけ)では何も変わりません。今ある現実は過去の貴方が創り出した現実だと言う事をまずは受け入れる必要があります。今までと同じ事の繰り返しでは今と変わらぬ未来が待っているのみです。40代で厳しい現状であれば、50代で豊かになれるはずがありませんし、60代、70代になるにつれ、加齢による肉体的変化により更にその厳しさは勢いを増します。私達40代が高齢者になった時、支えてくれる世代の人口は果たして増えているでしょうか?年金だけで満たされた豊かな生活が手に入るでしょうか?答えはノーです。これは脅しでもなんでもなく現実です。

備えあれば憂いなし

賢い人は今から水面下で準備を進めています!

サスティナブルなリモスタ経営とは

サスティナブルとは持続可能なという意味になります。リモスタ経営とは、弊社代表である私自身が2013年の創業より試行錯誤しながら自身の老後も可能なサスティナブルな経営スタイルとして実験的に進めてきたものであり、私自身が最も心地よく、そして10年後、20年後と無理なく確実に豊かなライフスタイルを実現する為に設計している経営手法を指します。私が生まれ育った実家は、戦後から現在に至るまで、漁業、旅館、民宿、レストラン、商店、貸ボートなど祖母の代より時代に合せて商いをしておりす。しかしながら時代の流れと共に地方では過疎化が進み、父の代でその商売を継ぐ者はおりません。レストランなどの所謂箱ものと言われるビジネスは店舗の賃借料、自社物件であれば固定資産税にメンテナンス料、仕入、そして何より高くつくのが人件費です。私は母の苦労を見ていたため、このようなプライベートも無いようなビジネスをやりたいとは思いませんでしたし、なにより、体の弱い私が出来ると思っておりませんでした。また、特に過疎化が進む地方においては、経費の割に利益が少なく、苦労の割に報われない、時代にそぐわないビジネスと感じていたのです。

具体的には、SNSを多用し全国に信頼できる人脈の構築と集客を実施し、クラウドベースのシステムを利用したマイクロソフトが提供する無料通話サービスである ”スカイプ” を利用し、集客~ご契約、スタッフへの仕事の指示からサービスのご提供までを遠隔地にいながら実現します。ネットでの見込み客の囲い込みを可能にすることで、面倒で体力を消耗する都市部でのセミナー動員によるコストを大幅に削減。経済的な意味合いだけにとどまらずに肉体的、精神的、時間的にもコストパフォーマンスを最大限に引き上げます。また、テナント料、仕入、人件費、広告費を大幅に削減します。このようなスタイルを構築できると都市部に限定されず、一か所に留まる事を制約されずに、時間・空間・人に拘束されない自由自在な経営スタイルが可能となります。

リモスタ経営の内容

リモスタの意味

リモスタのリモートは遠隔操作などの遠隔という意味で、人口減少が加速する過疎地にいてもネットさえ繋がれば全国に広がるネットワークで集客からサービスのご提案、優秀な人材の雇用までを可能にするもので所謂、政府が推進しているリモートワークスタイルを経営に導入したスタイルです。

リモスタ経営の戦略

供給が間に合わない分野の技術とスキルを身に付ける事で、企業や個人事業主さまにとって必要不可欠な存在となる事を目指します。わかりやすく言うと、売り上げに困るのには様々な理由があり、その中の一つが、供給過多な分野を攻めているという部分ではないでしょか?攻める分野が需要に追い付かない分野で時代のニーズにマッチしていればさほど営業せずとも売れてしまうのです。要するに、企業が求める人材であり、個人事業主さまに不足する技術や知識を身に付ければいいのです。

リモスタコンサルティングでは、ITの学びと日々の生活習慣(生活態度)を通して、グローバル社会で生き延びられる強い精神力と肉体思考表現力まで、多角的に鍛える事を重要視しています。

①心身共に健康であること

みなさんご存知のように心と体は密接にリンクしています。心の弱さから体まで蝕まれますし、その逆は、寝不足などが重なり免疫が低下し気力まで失われてしまうのです。そのため、弊社では学ぶ事と同時に、肉体をも鍛えて頂きます。「熱が出た」「胃の調子が悪い」「腰が痛い」など、次から次へと肉体的不調を訴える経営者様をお見受けしますが、自己の肉体を管理できないような方にお仕事をお任せするわけにはいきませんと思われてらっしゃいますよ。そのような方に限って「徹夜で3日寝ていない」などとおっしゃります。心と体の健康を管理できないようでは経済的豊かさは夢のまた夢です。しっかり食べ、しっかり動き、しっかり寝る。人としての基本が出来ていないようでは健康な心と体は得られませんし、良い仕事も出来ません。物事を成し遂げる強い精神力は健康な肉体に宿ります。ですので肉体を鍛える事もエグゼクティブの嗜みです!

②感謝の心があり素直であること

自分に自信がない人や気の弱い人は、見方を変えると感謝の心がない人とも言えます。健康である事、今、ここに存在する事は当たり前のようで当たり前ではないのです。それだけでも素晴らしい事じゃないですか!この世に送り出して下さったご両親さまに感謝できるようになれば自ずと自分に誇りがもてるようになるのではないでしょうか?そして気が弱い人は覚悟が足りない人です。今まで育てて下さった年老いたご両親さまを幸せにする!!!お子さんを幸せにする!!!という覚悟を決めれば体の底から勇気がみなぎってくるはずです。そして、人間だれしも間違いを犯します。そんな時は素直に反省する事です。そうする事で次からうまくいくのです。素直であると言う事は愛される秘訣でもありますよ。

③良い姿勢、ハキハキした声、爽やかな笑顔、清潔感のある装い

ダメ男」という言葉を聞いて、みなさんはどんな人物像が浮かびますか?猫背で蚊の鳴いたように口の中でモゴモゴ話し、笑顔はなく口元はへの字に曲がり目に輝きはない。肩にはフケがのっていてよれよれの背広。私はそのような人物像が浮かびますし、実際にお会いしてきた運の悪い男性はそんな見た目でしたよ。という事は、見た目の運気を上げると、金運や良縁が舞い込むのではないでしょうか?明日、会社に行ったら、姿勢を正して元気な声で笑顔を添えて「おはようございます!」と自分から声をかけてみてください。休みの日は部屋を整理整頓してスーツのお手入れをしたり理容室に行って自分を磨いて下さい。歩くときは意識して背筋をピシッと伸ばしてみてください。はい!出来る男の一丁出来上がりです(笑)

④コミュニケーション能力

多少、勉強できなくてもいいのです。このコミュニケーション能力さえあれば生きていけるんです。意外にも企業が採用に当たり重視する部分です!コミュニケーション能力が高ければ人間関係も円滑になり、営業成績も間違いなく良い事でしょう。なくてはならない能力です。勘違いされてらっしゃる方が多いのですが、コミュニケーション能力とは話す力ではなく聴く力です。

⑤柔軟性(臨機応変な対応)

英語で言う所のフレキシビリティーですね。とっても大切な能力の一つですよ。なぜならば仕事に限らず、人生そのものが思うようにならないものです。その思うようにならない人生をどう輝かせるかは柔軟性にかかっているのではないでしょうか?

⑥協調性

これもなくてはならない能力の一つです。世の中には色んな人がいて、いろんな宗教や考え方があります。会社の中、組織の中にも、色んな人がいます。好きになれない人も中にはいるでしょう。一見嫌な奴と思える人でも実は素晴らしい能力を持っていたりします。なかなか難しい事ではありますが、出来ることなら、人の良い面を見て悪い面を補ってあげ、手と手を取り合って大きな仕事を成し遂げたいものです。個性的なのは素晴らしい事ですが、輪を乱す人、不平不満ばかり吐き、己を顧みる事なく自分ばかりが正しいと主張し、グループの意識と質を低下させる人は組織にとって不要な人です!

⑦自発的に動き自発的に学ぶ

これは仕事は勿論ですが、学問においてもとても重要な要素です。やれと言われてからやるのではなく「おそらくこうであろう」と相手の気持ちを察して率先して行動する。自分から挨拶する。自分から調べる。わからないところを積極的に学んでいくというような自発性が成功の秘訣です。昨今、構ってもらえないから勉強しないなどと、まるで小さな子供のような大人が増えつつありますが、そのような心構えでは物事を達成するなど不可能です。

⑧問題解決能力

クリエイティビティ―が関係してきます。希望的観測でビジネスに取り掛かり、思うような成果にならなければひどく落ち込む、あるいは、いい時は浮かれ、状況が悪くなるとパニックに陥り鬱状態になってしまう方が多い様にお見受けします。独立して自由に生きると言う事は責任が伴います。人生もビジネスも問題には必ず直面します。そんな時に落ち着いて対処できる能力を常日頃から育てていく必要があります。

⑨リスクヘッジ(危機回避能力)

「こうしたら、こういう危険が起こりうるであろう」と前もって予測し、危険を回避する能力はとても大切です。そうする事でトラブルを未然に防ぐ事が可能となります。そのためには必要な法律を学ぶなり、あらゆる状況をシュミレーションして万が一不利に働いた場合の対策を講じておくなどの準備が大切になります。とは言っても、やはり、経験値が低いより高い方の方がリスクヘッジ能力は自ずと高くなるかと思います。ここで初めて過去に失敗した時の経験が役に立つのではないでしょうか?経営者さまやリーダーに必須の能力です。

⑩リーダーシップ

組織の運営には強いリーダーシップが必要不可欠です。言いかえると経営とはいかに人を適材適所で使っていくか、優秀な人間を確保するなり育てていくかにかかっています。とても難しい事ですが経営者には必須の能力ですので、起業を目指す方は少しずつマスターしていきましょう。

⑪挑戦する勇気

一歩踏み出す勇気が歴史を作ってきたといっても過言ではありません。日本人は「なりたい自分になる!」「自分軸で生きる!」と言いながらも、周りの目を気にし失敗を恐れるあまり行動できない方が多いように思います。そして、人の目を気にするあまり自分自身を見失い結果としてうつ病になる方があまりにも多い様に感じます。

⑫失敗から学ぶ態度

失敗から学ぶ姿勢がなければ成長しません。なぜなら成功とは失敗の積み重ねの上にあるからなのです。かといって失敗ばかりしていればいいわけではなく、「なぜこうなったのか?」「どうすれば防げたのか?」「次に同じ事が起きたらどうすべきか?」と失敗を多角的に分析し自分自身を改善していかなければなりません。そして、もっともやってはいけないのは、人のせいにすることです。どんな出来事でも自分自身にも必ず落ち度はあるのです。そうは言っても思うようにならなければ、ついつい人のせいにしてしまいますよね。。。

⑬論理的思考

意外に重要な能力です。「こうすれば、こなる。だとすれば、こうすれば、ああなるのではないか?」といった論理的思考は、数学が苦手な方は得意としないかもしれませんが、経験値×想像力で構築されます。要するに、知識がベースになって智恵(ひらめき)が生まれる過程と同じですよね。論理的な思考(ロジカルシンキング)を鍛える事により、感情に振り回される事がなくなります。感情表現豊かな事は人の心を掴む素晴らしい事ですが反面、投資でもビジネスでも人間関係でも一時の感情で動いたために失敗してしまう方をよくお見受けします。豊かな感情表現と冷静な論理的思考を使い分け出来るようになる必要があるかと思います。これも難しい能力ですが、経営者には必要不可欠な能力ですので訓練で身に付けていくしかないですね。感情をコントロールできない方はビジネスなどもってのほかです。感情でビジネスをしては絶対になりません!

⑭真面目な態度(コンプライアンス重視)

規則がない組織、法律がない国家は必ず崩壊します。「性善説」の意味を、人の本質は善である(いい人が前提)ので人を信用しなさいというように解釈されがちですが、実はそのような意味ではないのだそうです。人は生まれながらにして善であるが厳しく律しなければ堕落する生き物だと説いていて、要するに堕落しないためのルールなり法律が必要だという意味なんだそうですよ。起業家として法律を守るのは当たり前の事ですし、組織づくりにもルールが必要であり契約書が必要です。規則や法律は相手を縛りつけるものではなく、お互いマナーを守り人間環境を円滑にし快適な環境を構築する効果があります。そして法律を守る事は自らの身を守る事にもつながります

⑮IT力

今の時代にはなくてはならない能力の一つであり、大変重宝される能力の一つです。世界基準のアドビ社のソフトをつかえたり、CSSを触ってワードプレスをカスタマイズ出来たり、加えて、SNSを利用したマーケティング能力などがあれば鬼に金棒ですね!

リモスタ経営コンサルティングでは、上記でお伝えした、企業から求められる人材になるための思考や表現力などをトータルに身に付けられるように訓練するとともに、求められる知識とスキルを習得していきます。遠隔地にいてもスカイプを利用して受講が可能ですし、無期限コンサルティングですのでやる気があれば何度でもご受講やご相談が可能です。ご契約から時間が経過しての再受講も大歓迎です。

①メンタル× ②IT力× ③プレゼン能力× ④マネジメント能力× ⑤人間関係力× ⑥目標達成能力× ⑦危機管理及び危機対処能力× ⑧SNSマーケティング× ⑨ご自身の商材づくり(ゼロから1を生み出す力=クリエイティビティ―)

◆IT力に関しては、アドビ社のクリエイティブクラウドを利用し、動画編集、画像加工、ワードプレス(カスタマイズ含む)、LP制作、SEO対策などその方の目的に応じて選択して頂いております。

◆生徒さまの理想のライフスタイルに必要な知識とスキル、そして苦手部分をどう克服していくなど十分に話し合った上で、個人個人の向き不向きなどを考慮し個別オーダーメイドでご提案させて頂きます。

受講期限は特に儲けておらず

わかならい部分のご相談など

やる気があれば何度でも

無期限でご受講が可能となります

ただし

おんぶにだっこと

依存を助長するものでは

ございません!

勉強熱心で一生懸命な方のみ

全身全霊でサポートさせて頂きます

御理解の程、宜しくお願い致します。

Q いつもセミナーで見込み客を集客しバッグエンドを販売しているので、ネットだけで完結となると自信がありません。

A ネットでの販売もセミナーでの販売もやる事は同じです。高額商材であれば、講義内容を訴求力の高いランディングページに変換し、スカイプの無料相談に誘導していけばなんら問題なく受注が可能となります。セミナーでの動員となると地方にいる方にとっては不利ですが、この方法ですと平等なスタンスでビジネスが可能となります。

Q 起業に興味がありますが、過去に男性から嫌な目に遭い、SNSで顔を出す事に抵抗があります。

A むしろ店舗を構える方がストーカー被害に遭いやすいかと思います。過去に某大手消費者金融の地方都市にある店舗で、カウンター越しに灯油をまき「金を出さなければ火をつける」と脅し、逃げ遅れたスタッフが死亡するといった痛ましい事件がありました。また、患者に医師が刺されるといった事件や、フランチャイズ店で働いていた女性スタッフが深夜に訪れた男性客に強姦されるといった事件などがありました。私自身も創業当時はSNSで見ず知らずの男性から嫌がらせされたものですが、現在では、ストーカー規制法も改正され、名誉棄損に該当する書き込みや嫌がらせのメールだけでも逮捕にいたった事例もございます。こういった事を総合的に勘案すれば、リアルに店舗を構えるよりも女性が犯罪に巻き込まれる確率は下がるのではないでしょうか?

弊社では、顔を出さずにビジネスを行いたいという方には二通りのご提案をしています。一つ目は、サイトアフィリエイトという手法です。二つ目は、弊社経由でコンサルティングなどのサービスを出すという方法です。詳しくは無料相談にてお問合わせくださいませ。

Q 現在独立して数年目になりますが、働けど働けど暮らしがよくなるばかりか借金だけがかさんでいきます。

A とても多いご相談の一つです。女性の場合、メンタルカウンセラー系、スピリチュアル系、エステなどの美容系での独立起業が多く、全国からそのような業種の方からのご相談をお受けして参りました。参入障壁が低いという事は、それだけライバルが多く存在するという事です。まずはサービス内容に他社と決定的な差別化を図る事をオススメ致します。

Q リスティング広告などのランニングコストの支払いが高額で、ネットビジネスの塾に入りフェイスブックをやってみたものの集客には繋がっておりません。

A ネットビジネス=フェイスブックブランディングという手法は既に古いかと思います。また、ターゲットにする層によって媒体を使い分けする必要がございます。いいねされる数やクリックされる事が重要なのではなく、離脱率を回避し、コンバージョン率を高める事に比重を置かなくてはなりません。また、広告費の代わりにアフィリエイターに拡散させるという手法も弊社は得意としています。専門的なお話しになってしまうので無料相談で詳しくお尋ねくださいませ。

Q 現在独身で、一人で起業して全てを一人でこなしているため、売り上げはそこそこありますが肉体的にも精神的にもしんどいです。そのせいか不眠や帯状疱疹が出来るなどの症状も出てきており、今後もやっていけるか不安です。

A とても多いご相談の一つです。考え方やライフスタイルの乱れで精神的に混乱を招きやすくなっているかもしれませんね。ご自身にあった無理のない方法で収入を得られるようにワークスタイルを見直す時期に来ているのだと思います。まずは現状をお気軽にご相談くださいませ。

Q シングルマザーで40代も後半の為、生活が苦しく将来に強い不安がありますが、起業塾に入る経済的余裕がありません。また、相談できる相手もおらず気持ちばかりが焦ります。

A こちらもとても多いご相談の一つです。過去の貴方の思考と行動の積み重ねが現在の状況を創り出しています。ですので、今の努力の積み重ねで未来が創られます。とは、心の貧しさ×知識の乏しさだと私はお教えしています。豊かになるには学ぶほか道はありません。お子様がいらっしゃる方は、まずは市役所などの公的機関でご相談されてください。

Q いつも集客という壁にぶつかります。また、なんだか申し訳なくて商品を売れずについつい無料でサービスしてあげてしまいお金になりません。

A 集客できないのも営業できないのも、一言でいうとターゲットの心を掴めていないからです。要するに自分本位なのです。ビジネスは他人本位でなければなりません。自分がやりたい事、出来る事を提供するのではなく、お客様のお悩みを解決するのがビジネスです。お金を頂けない「申し訳なさ」はどこからくるのでしょうか?ご友人さまをビジネスのターゲットにしている場合と、自分に自信が持てない場合と二種類あるような気がします。

リモスタ経営

本気で人生を変えたい!

強い人間になりたい!

・地方にいながら都市部または他県を対象としたビジネスをしたい

弊社の手法をマスターして頂ければネットさえ繋がればどんな過疎地でも安定した収入を得る事が可能となります(安定収入をお約束するものではございませんが、努力次第で可能です)

・人を使うのは煩わしいが、一人も疲れる

SNSを利用し全国に信頼出来る人脈の構築が可能となります。弊社でもご協力させて頂きますし、ご縁をお繋ぎさせて頂きます。必要な時に必要な人材を確保するのが極めて効率的です。

・初期費用や毎月のランニングコストを極限まで抑えたい

店舗型の経営では仕入と賃借料、テナントの保証金など初期費用が最低800万円かかるとも言われています。また、物販ですとせっかく利益を上げてもその大部分を次の仕入に投じる必要があります。こういった事を考慮すると、これからの時代は情報提供型のビジネスで、毎月の課金制が最も好ましいと考えます。また、自社(または個人が)でITをうまく活用し、人件費と広告費、移動に関わる毎月のランニングコストを大幅に削減する事で利益率が高くコストパフォーマンスに優れたビジネスモデルが可能となります。

・年をとっても一人で気楽に出来るようなスタイルを構築しておきたい

このような経営者様が増えつつあります。人を沢山使い借り入れも多い従来のビジネスをいつまで続けられるか不安があるとおっしゃる方が非常に多いです。今の仕事を辞め、一から新しい事を開始するとなると軌道に乗るまで相当な時間を要しますし、それが成功するとも限りません。早い段階から老後に適したワークスタイルを構築しておくことを強くオススメします。

・とにかく縛られるのが何より苦手。自由気ままな暮らしをしたい

このような方が会社員さま中心に非常に多いです。誰しも憧れるライフスタイルかと思いますが実現できる方は極めて少なく思います。ネット環境が整った現在では、このようなライフスタイルは夢のようなお話ではなく現実的に可能となりました。ただし、それなりの知識とスキル、そして継続していく精神力が必要になってきます。

・人脈作りのために出歩くのが疲れた

特に女性起業家さまからよくご相談される事例です。お茶会などの集まりに出向くがビジネスにはつながらず、毎回、中身のない世間話で終わってしまい無駄に交通費を使ってしまったというものです。

基本的にはリモートスタイルで活動及びサービスを展開し、特に家事に育児に忙しいママさんの場合は、必要最低限出歩かれるようにすればよろしいかと思います。

・一人黙々と作業するのが好きなタイプだ

このような方にピッタリのワークスタイルです。

・もっと効率的に売り上げをあげたい(苦労の割に報われない)

サービス内容を差別化し充実させるとともに単価を引き上げる事をオススメいたします。お伝えした事と真逆になってしまいますが、強くオススメするのが低単価で毎月課金制のサービスです。こちらですと自動収入となるので毎月の売り上げノルマ達成に困る事なく安定収入を望めます。ただし会員数をかなりの数必要としますので、高単価のサービスと毎月課金制のサービスの二種類同時に構築していくのが望ましいです。

リモスタ経営コンサルティング 

下記のような思いをお抱えの方にピッタリの充実した内容です。リモスタ経営コンサルティングは個別オーダー制を採用しております。お客様の向き不向きを見極め、思い描く理想的なワークスタイル及びライフスタイルの構築のお手伝いを真心込めて全力でさせて頂きます。

・女性の輪に入るのが苦手

(つるむのが好きでない)

・人と同じ事はしたくない

・ITに苦手意識が強い

・自分のペースで学びたい

・勉強する時間が夜遅くしかとれない

・将来のための準備をしておきたい

・将来的に自由な時間を構築したい

・ビジネスパートナーが欲しい

・人に負けないスキルを身に付けたい

①依存的な方

特に女性に多くお見受けします。起業塾に入ったから力のある人に引き上げてもらえるだとか、コンサルティングを他人の愚痴を言う機会と勘違いされてらっしゃる方が中にはいらっしゃいます。そのような方は、努力をなさらず他人批判が多く、幼稚で、そもそも起業やビジネス云々以前の問題です。

②責任転嫁癖のある方

〇〇さんのせいで勉強できない。家族のせいで勉強できない。元旦那のせいで病気になったと延々とおっしゃられる方が中にはいらっしゃいます。全ての出来事は自分自身に問題があると認識し、自らを改善していく気持ちのない方に成長はありません。また、〇〇塾はレベルが低くて稼げなかったなどと以前所属しておられた場所を批判される方に限って自分自身の能力が低いケースが殆どです。成長しないということは、幸せにもなれませんし、それどころか周りを巻き込んで不幸にします。〇〇さんのせいではなく貴方自身に問題があるのです。ここを御理解出来ない方はご遠慮くださいませ。

③自発的に学ぼうという意識がない方

ビジネスも学問も人生も「待ちの姿勢」で成就する事はありません。先生が声をかけてくれないから学ばないと言う方、ネットで調べればわかる事を調べもせず質問する、努力せず自分が成功出来ない事を講師のせいにする。要するに、自発的でない方は、依存的であり責任転嫁癖があるのです。このような方は成功する可能性がゼロ以下ですのでお断りしています。

④不平不満・陰口・噂話が多く周囲に悪影響を及ぼす方

学びの場を依存する場や、所属する会社や人間関係の愚痴を聞いてもらう場所と勘違いされてらっしゃる方が中にはいらっしゃいます。このような方々は、真面目に頑張ってらっしゃる方に悪影響を及ぼしますので断固お断りしています。また、入塾以降、こうした事が発覚した場合、即お辞め頂くとともに弊社の信用を損なう行為が発覚した場合などは、損害賠償を請求するなどの法的手続きも辞さない構えでおります。厳しく思われるかもしれませんが、法律を守らない、自立できない残念な大人が増えた現代社会において真面目に頑張っておられる方々に不愉快な思いをさせないためにも、常識を逸脱している方には厳しい措置を取らせて頂きます。

⑤自分のやり方に固執する方

「守破離」という言葉があります。師匠の教えを守り、その型を破り、独自のスタイルを確立して師匠を離れるという意味です。基本が出来ていない状態で、いきなり凄い事をやろうとしてもうまくいくはずがありません。

⑥素直さに欠ける方

素直さにかける人は、周りから愛されず協力を得られません。ビジネスは一人では成り立ちません。

⑦改善しようとしない方

人は誰しも失敗しますが、自分の至らなさを素直に反省し改善に努める方でなければ成長がありません。失敗は反省し改善していくことで成功につながるのです。

大人として、一社会人としての自覚を持ち、心身共に健康で、明るく前向きに物事(問題)に取り掛かれる方以外は固くお断りしておりますので御理解のほど宜しくお願い申し上げます。

佐々木社長のように強くなれません!

これは特に男性からよく頂くお言葉です(笑)

強い心がなければ幸せにもなれませんし、夢は夢で終わってしまいます。今、弱いなら強くなればいいのです。強くなる努力をされていますか?特に日本人は他人にどう見られるかを気にし過ぎるといった気の小ささが目に付きます。協調性があるのは素晴らしい事ですが、同時に自分の意見をしっかり持ち、挑戦する勇気も欲しいところです。自分を押し殺して世間体を優先し、他人が望む自分を生きるから鬱病になるのではないでしょうか?

人の能力も才能も運もご縁もさほど変わりません。才能も魅力もない人もいないのです。最近、日本では「努力」とうい言葉が避けられる傾向にありますが、幸せになりたいなら「努力」するしか道はありません。良い時は浮かれ、状況が悪くなるとパニックになる方が多いですが、起業で大切なのは誰もが羨む大きな成功を収める事ではなく、悪い時をどのように乗り越えるか、要するに過酷なサバイバルを生き延びる事が最も重要なのです。感情に流されていてはいけません。しっかりと感情をコントロールできるようになって、周りに流されず己を信じて、やるべき事、必要な知識、スキルを身に付けるために日々の努力を習慣化していくことが大切です。そして、悪い仲間とは距離を置く事です。悪い仲間とは、努力せずして他人を妬んだり批判したり、陰口悪口噂話を言うような方々です。好きな事を仕事にして成功したいならまずは環境を変える事です。そして相手を変えようとするのではなく、自分自身を変える事。すなわち、弱い自分を克服する事が知識やスキルを身に付けるよりも大切な事なのです。経営者として長く続けて来られた方はあたりまえに身についている能力ですが、起業初心者さまや、起業を目指す方に最も足りない能力であり、この能力が足りないがためにみなさん挫折してしまうのです。弊社のコンサルティングでは、勉強を始める前に(経営者さまを除く)この部分をしっかりと学んで頂きます。とくにウエイトを置いているのが家族関係です。人間関係の根本をなすものである家族との関係は、社会生活の基盤であり心の大きな拠り所となります。家族関係がしっかりしていない方が大きな成果を上げる事はまずありません。なぜなら心が常に不安定だからです。ITとメンタル?経営と家族?と疑問に思われるかもしれませんが、全ての源は心であり、その心が豊かに育つ背景には家族関係が必ず影響しています。目標を達成できず途中で逃げ出してしまうような方は心の弱い方であり、心の弱い方は家族との関係に端を発しているケースが非常に多いのです。ですので、そのような方には家族との関係を見直して頂き感謝の心を持てるようになって頂くのが先決です。

ストレスが蔓延する病的社会からの脱出

日本は首都に一極集中し過ぎに思うのです。インターネットで世界中が繋がっているにもかかわらず、なぜ人口が密集し地価が高騰し続ける東京に住む必要があるのでしょうか?確かに東京は魅力的な人やモノが世界中から集まる魅力的な都市である事は間違いありません。しかしながら密集したコンクリートジャングルによるヒートアイランド現象、騒音と排気ガス、昼夜逆転の勤務体系、このような過度な競争社会の副産物は人々に多種多様なストレスを与え続けます。そしてこれらのストレスによりあらゆる年齢層に心の病と肉体的な不調が蔓延しています。かといって、地方創生・地方創出と叫び続けながら一向に地方が豊かになる気配はありません。ですが、このようなストレスフルなコンピューター社会を逆手にとり、経済的にも精神的にも豊かな生活を得ている方々もおられるのです。

リモスタ経営で人間本来の力と生活を取り戻す

弊社がご提案するリモスタ経営とは、一人一人が自分の目的別にITをうまく活用する事により、真の意味で自由を獲得し、時間・空間・人・モノ・お金という枠組みの中にがんじがらめになる事なく、いくつになっても好きな場所で、好きな時間に、好きな事で収入を得られるリモート(遠隔)ワークの仕組みづくりをご提案するものであります。とりわけ力を入れているのが、IT×思考力×自己表現力×自然の融合です。

シンギュラリティーラリティーとは?

シンギュラリティーとは、日本語に訳すと「技術的特異点」という意味になります。わかりやすく言うと、その技術的特異点を境に、高い知能を有したコンピューターが人間の能力を超え社会を支配する時代になるといった意味になります。具体例を挙げると、大手保険会社などは既に人工知能で事務を処理する事により大幅な人員削減で成果を出していますし、癌の診断における医師の見過ごしを人工知能が拾う技術も開発されています。また、ここ数年でグーグルの翻訳機能も機会学習の一種でディープラーニングと呼ばれる人間の脳の構造に似せたものの到来で飛躍的に進化しました。

暗号通貨の本当の凄さ

とりわけ画期的だったのが、インターネットにつぐ世紀の発明と言われている、ビットコインなどの暗号通貨の技術をささえているブロックチェーンテクノロジーの台頭です。この技術は改ざん不能でありDecentralized(非中央集権)で管理者不要なテクノロジーであるため、この技術により従来の仕組みが覆されてしまう恐れがあるのです。そのため、世界有数の銀行や証券会社などが一丸となって研究に取り組んでいます。このブロックチェーンに細かな仕様を書き込む事でブロックチェーン技術を暗号通貨以外で実用的に使える例としてスマートコントラクトがあげられます。これは、サインレス社会を実現するものとして、北欧のエストニアという人口134万人の小国で世界初のデジタル社会「e-Estonia」としてデジタルガバナンス(電子政府)が実現されています。

インターネットの普及、人工知能の実用化、ブロックチェーンテクノジーの台頭と2000年よりわずか17年で、私達の生活がアナログからデジタルへと一変したのは言うまでもありません。

日本が進むべき道

このように世界の動きを見ていくと、10年後の日本は我々が想像すらしなかったコンピューター社会にになっている事は安易に予測が付きます。少子高齢化が進む中で、このようなIT化、そしてグローバル化は防ぎようもないのです。米国は世界各国から一流のIT技術者を受け入れて最先端の開発をしています。皆さんご存知の大富豪たち、ビルゲイツに、ザッカ―バーグ、最近ではアマゾンのジェフベゾスが世界一の富豪になりました。彼らに共通するのはコンピューターサイエンスの分野出身だという事です。日本では少子高齢化が加速するなかで、きつい工場労働などに従事する若者がいなくなり中国などから研修生という名目で実質的には働き手として雇用しているのが現状です。私達ベビーブーム世代が経験した就職氷河期から一変し、今では人手が足りなくて事業の継続が危ぶまれる企業もあるくらいなのです。

情報格差が収入の格差を生む

本来、資源のない島国である日本こそIT分野に力を注ぐべきだと痛切に感じます。残念ながら、日本ではコンピューターサイエンスの部門で世界的成功をなす人がまだ現われていません。それどころか、シャープに東芝に日本を代表する企業が次々と失墜しています。先に述べた、北欧の小国エストニアは目立った産業がないため、ITに力を入れて豊かになった国の一つで世界中から注目を浴びています。みなさんがなにげなくお使いのスカイプも、実はエストニアで開発されたものなんですよ。少子高齢化、都市部の一極集中に拍車がかかる日本が進むべき道は場所を問わずに働けるリモートワークであり、IT技術者の教育であるというのが私の信念でございます。そして一般の方もITをうまく活かし、より豊かなライフスタイルを構築し、都市部の一極集中を分散させる事が地震大国である日本のリスクヘッジにもつながるのではないでしょうか?

 時代に合わせて変化出来るものだけが生き残る

最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である種の起源の著者で、進化論で有名なイギリスの自然科学者チャールズ・ダーウィンの言葉です。ビジネスの世界においても、時代の変化に適応できない人は生き残りが困難なのは明白です。好き嫌いは別として、日本でも米国のように貧富の格差が二極化する中で、今後、ますます、コンピューター社会に適応できるものだけが生き残るといっても過言ではありません。私自身、ITが好きだったわけでもなく、全くの機械音痴でしたが、厳しい競争社会で生き残る為に必要不可欠だと感じたのでこの道に進みました。今、好きなところで、好きな事で毎日楽しく暮らせているので、この選択は間違っていなかったと堂々と言う事が出来ます。

  悩んでいても

豊かな未来はやってきません!

勇気を出して

一歩踏み出してみてください

貴方のやる気と覚悟

そして継続する力で

未来は明るく開けます

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加